iphoneが水没してしまった時まずやるべき事!

すぐに電源を切ってよく拭きます

スマートフォンが水没した!となった時、とっさの行動に迷ってしまいそうです。ただ、精密機械であり修理代も安くはないので、とにかく急いでやれることをやってしまいましょう。まずは電源をoffにします。電源が入ったままだとショートする場合があり、データのすべてが消えてしまうこともあります。次に全体をよく拭きます。ヘッドセットコネクタやライトニングコネクタ、各種ボタンの隙間など、水が入り込みそうなところは念入りに拭くようにします。この時、内部に水が入っていないか気になって振ってしまいそうになりますが、もし本当に水が入っていた場合は余計に広がるのでやらないようにしましょう。ドライヤーで乾かすこともいけません。基盤に熱が加わり、壊れる原因となります。

乾燥剤と一緒に密封して放置します

次に、SIMカードを抜きます。SIMカードは本体の側面にあるSIMカードスロットから取り外せます。SIMカード自体も水に弱く破損しやすいので、乾いた布で優しく拭くようにします。全体の水分をしっかり拭き取れたらティッシュでくるみ、密封できる袋に乾燥剤と一緒に入れます。乾燥剤や密封できる袋は、100円均一のお店などで売っています。袋に入れた後は風通しのいい場所に置いておきましょう。放置しておく日数は2~3日が目安とされています。どれくらい水没していたのかなど状況にもよりますが、少なくとも1日以上は乾燥させてから電源を入れるようにしましょう。電源が入って正常に動き出せばひとまず安心ですが、一時的な作動の可能性もあるので、少しでも不具合を感じたら早めに修理に出すようにしましょう。

iphone修理を青森で行うなら駅前やショッピングセンター内に入っている修理店が利用できます。持ち込む前に事前予約が必要なこともあるのでサイトを確認してからのほうが良いでしょう。

© Copyright Convenience Repair Phone. All Rights Reserved.